【小学生~高校生】新年度入塾受付中!≫
宮城県の学校紹介

白石高校|宮城県の学校紹介 ~中1からの進学校選び~

follow us in feedlyRSS

とこみや編集部が送る『宮城県の高校紹介』で、まずはどんな学校があるのかを知ろう!
学校を知り、選択の幅が広がると、今自分の中にある興味だけじゃなく、知らなかった分野に挑戦してみたいと思うかもしれません。進路を考える第一歩としてご活用ください。

白石高校|宮城県の学校紹介 ~中1からの進学校選び~

創立100年以上の伝統ある高校

白石高等学校は、宮城県南の白石市に所在する県立の高等学校です。2010(平成22)年4月に、ともに約100年の伝統を誇る宮城県白石高等学校(男子校)と宮城県白石女子高等学校が統合し、男女共学校として開校しました。
普通科(単位制・各年次6学級)と看護科(学年制・各学年1学級)、および専攻科看護科(学年制・各学年1学級)があります。
普通科では、進学重視型単位制を取り入れ、新時代を切り拓くリーダーの育成を掲げ、国公立大学を中心とした四年制大学への進学を目指しています。また、看護科においては、専攻科を有する県内唯一の男女共学高校看護科であり、自覚と誇りある専門識者の育成するため、「五年一貫教育」での質の高い看護師の養成を目指しており、地域の医療に対する大きな使命を果たし、社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

新しく綺麗な校舎と充実した教室

校舎は旧白石高校と白石女子高校の統合により建てられたので、とても綺麗で全体的に広々とした学習効率の良い空間となっています。
普通科は、宮城県屈指の進学重視の単位制高校として、少人数授業や習熟度別授業に対応できる講義室が充実しています。大講義室、中講義室、講義室、社会科教室、理科教室などがあります。中には冷暖房完備されている講義室もあり、年中快適に学習に集中することができます。
普通教室棟の各階に、自習スペースとしてパーティションで囲われたスペースと、開放的なスペースの両方を確保することで、自学自習を基本とするさまざまな生徒のニーズに対応してくれています。また、職員室や各教科の教材室の前には質問コーナーが設けられているので、学習相談などにも対応しやすい環境があります。
看護教育も充実しています。 看護に関する専門科目の学習や実習活動を円滑に行うために、各種実習室や医療器具標本室の機能的な配置と設備の充実を図るとともに、看護師国家試験合格を目指す専攻科生のために、ゼミ室や図書室など学習環境を整備されています。
その他にも校史資料室、図書館やPC室などがあります。いずれも学習環境が充実しているといえます。

部活動や学校行事

白石高等学校は、仙南エリア唯一のマンドリン部があります。
また、県内でも数が少ない新体操部も。山岳部はインハイ出場回数も多く、バドミントン、テニス、陸上も強い人は多い印象です。また、学校行事は定期戦、合唱祭、体育祭、文化祭等があります。
どの行事も盛り上がり、クラスの団結力が深まります。
行事が多く文武両道の学校で他の高校にはない行事がたくさんあります。勉強はもちろん、難しいのですがわからないことがあれば先生も本気で教えてくれます。また、私服の学校なので、制服ではなく、自分の好きな格好で過ごすことが出来るのも魅力的ですよね。
学校生活を楽しみたいならお勧めな学校だと思います。

≫ 白石高校『入試データ』はこちら ≪

≫ 白石高校のホームページはこちら ≪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018進学プラザグループ 合格速報!!