【小学生~高校生】新年度入塾受付中!≫
宮城県の学校紹介

古川高校|宮城県の学校紹介 ~中1からの進学校選び~

follow us in feedlyRSS

とこみや編集部が送る『宮城県の高校紹介』で、まずはどんな学校があるのかを知ろう!
学校を知り、選択の幅が広がると、今自分の中にある興味だけじゃなく、知らなかった分野に挑戦してみたいと思うかもしれません。進路を考える第一歩としてご活用ください。

古川高校|宮城県の学校紹介 ~中1からの進学校選び~

創立120周の伝統ある学校

古川高等学校は、創立120周年を迎えた伝統ある高校です。明治30年(1897年)に宮城県尋常中学校志田郡立分校として創立され、第三中学校、古川中学校を経て、昭和23年の学制改革により宮城県古川高等学校となりました。校章である「蛍雪章」に象徴される古高精神は今に引き継がれ、「質実剛健・学問尊重・自主自律」の校訓のもと、生徒は互いを信頼し高め合いながら、高い志を持って主体的に学業や行事・部活動等に取り組んでいます。

『志教育』の目標として、将来の夢実現のため、社会から信頼される誠実さと品性を養うこと、真理の探究を通して文化の発展に寄与しようとする精神を養うこと、社会の発展のため、身につけた能力を積極的に生かそうとする心を育てることを掲げています。

そのために、学力の向上に努め、「学問尊重」を身につけさせる学習指導の充実を図り、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた指導方法について探究する、古高精神(蛍雪魂)を育成し、「自主自律」・「質実剛健」を身につけさせ、生徒の自主性を育成し、学校行事や特別活動等の活性化と充実を図るようにしていくことに力を入れています。
その他にも、生徒一人ひとりの進路志望の達成を図る進路指導の充実させたり、学校不適応やいじめを未然に防ぐために教育相談活動等を充実させ、セーフティネットづくりに努めること、ICT機器の整備と活用を図るとともに、校内ネットワークや教務(校務)支援システムの効率的な運用に努めるよう、学校側の教育方針がきちんとしています。

また、宮城県教育委員会から「進学拠点校等充実普及事業」の指定を受けており、「魅力ある県立高校づくり支援事業」、「授業力向上支援事業」などを活用して、特色ある学校づくりや教員の授業力向上に力を入れています。

2年次より文理別コース分け

大学進学を目指す教育課程で、2年次から文理2コースに分かれます。3年次では、さらに各大学の受験科目に対応できるように選択科目が増えます。
また、朝自習として朝のホームルームの前に英語、数学、国語の各教科の基礎事項や新聞コラムの感想をまとめる10分間学習などがあります。

充実した学校行事や部活動

吹奏楽部とかは県でも上位に入賞したり、東北大会に出場したりしています。
古高三大行事と呼ばれる定期戦、古高祭、体育祭はどれも楽しく充実していて生徒にとっては思い出となる行事です。先生方がしっかりとサポートしてくれるので、勉強だけでなく、部活動にも真剣に取り組むことが出来ます。メリハリをつけて高校生活を過ごすことができます。
部活を頑張りたい、勉強を頑張って志望校に行きたいなど、高校生活を充実させたい人にはとても良い学校だといえます。また私服高校なので、オシャレが好きな人や制服が苦手な人にもおすすめです。

≫ 古川高校『入試データ』はこちら ≪

≫ 古川高校のホームページはこちら ≪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018進学プラザグループ 合格速報!!