【小学生~高校生】新年度入塾受付中!≫
ホームページ訪問記

仙台第一高校|ホームページ訪問記

follow us in feedlyRSS

古き良き男子校の雰囲気を残している進学校の仙台一高

共学化にビックリ!

男子校ってイメージだったんですけど、今は違うんですね!2010年から共学化していたと聞いてビックリです。これも少子化の影響なんでしょうかね。共学化というと男子校と女子校が統廃合されるケースもあるようですが、仙台一高はそういったこともなく、校章・校歌・校名すべて元のままで、伝統が途絶えていないところは魅力ですね。

昔ながらの男子校の雰囲気を残す行事としては、たとえば「アピール行進」があります。これは、硬式野球定期戦のアピールのために、応援団長を先頭として応援団と有志の調停委員などが街中を練り歩くというものです。ホームページでは「アピール行進」の写真も公開されていて、男女関係なく楽しんでいる様子が伺えます。西公園近くでライバルの仙台二高とのエール交換もあるそうで、「青春」ですね~。

さすがの進学実績!

さて、気になる仙台一高の進学実績ですが、ホームページに過去4年間のデータが載っていました。毎年、必ず東大合格者が出ていますし、なんといっても東北大の合格率がスゴイ!平成27年度入試では90名も合格しているんですね。これなら進学後もキャンパスで知った顔を見かけることもあるでしょうし、心強いのではないでしょうか。

短大や専門学校に進む人は年によって0~4人と、ほぼ100%4年制大学に進学していることがわかります。私も娘には4年制大学に行って欲しいと希望しているので、仙台一高みたいな環境で学ばせたい!4年制大学には行かせたいけど、東京で一人暮らしをさせるのはちょっと心配なので、地方大学への進学者が多いというのは我が家的には最高ともいえます。

「志教育」って何?

仙台一高のホームページで気になったのが「志教育」のところです。「志教育」という特別な教育をしているとのことなのですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか。

どうやら教科ごとのテーマと学年ごとの指導目標を設定しての取り組みらしいのですが、たとえば家庭科では「社会と家庭との関わりについて理解を深め、男女が協力して生活を営む重要性について実践的に学習し、自立した生活を営む力を育てる」とあります。進学校ではありますが、勉強だけではなく「生きる力」も大事にしているんですね!

最近、大学進学と同時に「燃え尽き症候群」になってしまう子が増えていると聞きます。でも、仙台一高のような場所で3年間を過ごせば、そんな心配はないと思います!たくましい魅力を感じた学校でした。

≫ 仙台第一高校『入試データ』はこちら ≪

≫ 仙台第一高校のホームページはこちら ≪

2018進学プラザグループ 合格速報!!