【小学生~高校生】新年度入塾受付中!≫
ホームページ訪問記

宮城野高校|ホームページ訪問記

follow us in feedlyRSS

市外からの進学者も多い美術科がユニークな宮城野高校

芸術コースは市外からの進学者も!

ホームページを開くと、大きなキャンバスに向かって油絵制作に取り組んでいる女子生徒の姿が飛び込んできます。「部活動?」って一瞬思いましたが、それにしては本格的な様子です。

じつは宮城野高校には美術科があって、市外からの進学者もいるほどの人気だとか。創作活動が好きでもっといろいろなことにチャレンジしたいという学生を受け入れているそうです。テクニックを磨くことだけではなく、作品制作を通して現在社会のさまざまな問題に向き合う姿勢と想像力を身につけることも大切にしているそうですが、まさにアーティストの卵が集っている空間といえますね。

カリキュラムを見てみると、大学受験に対応した一般教科科目を勉強しながらも、制作活動にかなりの時間が割かれていることがわかります。洋画、日本画、立体、デザイン、工芸など幅広く学ぶことができるのも特徴です。イラストレーター、フォトショップなどの専用アプリケーションを使った作品制作の時間があるというのも、デジタル時代にきちんと対応している証拠ですね。

総合学科の教育内容も充実

美術科があるのが特徴の宮城野高校ですが、総合学科の授業も充実している様子です。「未来デザインプロジェクト」というスローガンのもとに、生徒の自主性を重視して、自分で見つけたテーマを深く掘り下げる学習を支援しているのだそうです。

最近、将来がいろいろと心配になってしまうニュースが増えていますよね。娘にも、まわりに惑わされずに自分でしっかりとモノを考えることができる人になってほしいと切に願っています。教科的な学習ももちろんなんですが、課題探求力、発信力、コミュニケーション力などを育んでくれそうな宮城野高校の教育はとても魅力的だなと思いました。

教職員・在校生・保護者の評価を閲覧できる

学校選びの際に「先生・在校生・保護者の生の声を聞いてみたい」と思う人は少なくないでしょう。私自身も、もちろんそうです!宮城野高校では在校生と保護者を対象とした学校評価アンケートの集計結果を公開してくれているので、早速チェックしてみました。

「生徒にとって(お子さんの)、学ぶ意欲を引き出し、学力を身につけられるような授業が行われている」という項目に対しては、先生、生徒、保護者ともに平成24年から平成27年まで平均して9割以上が肯定的な意見を寄せていることがわかります。生徒や保護者が満足しているだけではなく、先生自身も自信を持って授業をしているというのは頼もしいですね!

≫ 宮城野高校『入試データ』はこちら ≪

≫ 宮城野高校のホームページはこちら ≪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018進学プラザグループ 合格速報!!